プチ家出した女の子にとって携帯電話は必要不可欠な道具です

昔と違って、家族との団らんも少なくなり、親と子供のコミュニケーションもあまりない家庭がとても多くなっています。

そのため、少女の中には、家にいたくないと考えるようになってプチ家出をするケースもとても多くなっているのです。

このようにプチ家出をして生活をしている女の子のことをプチ家出少女というのですが、プチ家出少女が急増したことで社会問題になってきています。

普通であれば子供がプチ家出をしたら警察に捜索願を提出するものなのですが、捜索願を出さずに放置をしてしまっている家庭も増えてきているといわれています。

捜索願の数は2009年には103000件ほどあったのですが、この中の23%が19歳以下の未成年者になっています。これを考えると18歳未満の女の子は、最低でも全国に1万人程度はいるという計算になります。

プチ家出掲示板にも、このようなプチ家出少女は大勢います。彼女たちと親密になるためには、相手の話をしっかり聞いてあげたり、ご飯を食べさせてあげて、望んでいるものをかなえてあげればいいのです。

お金がないですから、簡単な食事でも彼女たちから見ればごちそうですし、話を聞いてくれる人を求めていたりしています。

そのため、自分を助けてくれる人のことを神様、そして神様を待っている状態のことを神待ちと呼んでいます。

プチ家出少女にとって、自分の身の周りの人と連絡を取ったり、プチ家出掲示板を利用するために携帯電話が欠かすことができません。彼女たちにとって、携帯電話は自分が生きていくために必要なアイテムなのです。